HOME > スタッフブログ > 檜山 俊介

STAFF BLOG
スタッフブログ

久々!

2020.10.08

檜山 俊介

檜山 俊介

久々!

今年度初の太陽光パネル設置工事です。太陽光パネルの価格自体は下がってきているので、設置費用も年々下がってきているものの、太陽光発電の余剰電力買取価格も年々下がり、短期間で設置費用の元を取るのは難しいのが現状です。そこで当社では自家発電・自家消費が可能な太陽光パネル+蓄電池の設置をお勧めしています。太陽光パネルと蓄電池の容量にも寄りますが、両方同時に設置するとなるとおおよそ200万円以上はかかるので、設置したくても費用が・・・という方が大半です。条件もなかなか厳しく、冬の雪の事を考えると傾斜屋根に設置するのが良いですが、そうなると南側に雪を落とせるだけの敷地の広さが必要になります。今回、設置させていただいたのは、新築のお宅です。確かに初期費用はかかるけど、一昨年のブラックアウトのような停電の心配は無くなり、日々の電気代節約にもなるので、どうせなら設置しようと賛同していただいたお客様です。買取単価が48円の頃は売電の方が多く、年間の光熱費が+だったお宅もありましたが、買取単価が半分以下の21円に下がったとは言え、FASの家なら年間の光熱費は差し引き10万円前後で過ごせるはずです。新築をお考えの方はFASの家+太陽光発電+蓄電池をご検討ください。お問い合わせはお気軽に桧山建設まで。
年代物

2020.08.05

檜山 俊介

檜山 俊介

年代物

先日、築20年のFASユーザーさんのお宅へ伺いました。建築当時、まだそんなにメジャーではなかった太陽光発電(SHARP製)を搭載していて、若干、発電効率は落ちたものの、まだまだ現役で発電を続けていました。社内で太陽光・蓄電池担当になっているので、色々な太陽光のパネルモニターを見てきましたが、さすがに20年前の機種を見るのは初めてで、今のタッチパネル式モニターから比べると長い月日を感じる代物でした。やはり2018年9月のブラックアウト時に蓄電池の必需性を感じ、築20年を機に導入したいとの事でした。当時のパワコンは蓄電池対応ではないので、蓄電池を設置するだけではなく、ハイブリッドパワコンに交換しなければいけません。それでもこの春に発売された新機種は200Vにも対応しているので、FASのようなオール電化の住宅には最適です。換気の機械や蓄暖・エアコン・IH・温水器にも電気を供給でき、長時間停電の心配が無くなります。しかも普段の生活でも太陽光パネルで発電した電気を蓄電池に溜めて、朝、夕など単価の高い電気は買わず、蓄電池から供給するので、電気代も節約できます。ご自宅に太陽光発電・蓄電池をお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問合せください!

お問い合わせ・資料請求

Tel. 011-784-8133
FAX. 011-784-8130

TOP