LIFE&MUSIC 桧山建設綜業 代表取締役 檜山良秀

 | ブログトップへ戻る | 

防音工事

P1010771

ある高校の吹奏楽部の練習室。広さ約150m2、天井高4.5mの空間。

響き過ぎるので、吸音したいという相談です。

防音には遮音と吸音がありますが、コンクリート校舎なので遮音の心配は無し。

演奏会場やリスニングルームとは異なり、練習室は響き過ぎると、パートの細部の音型やバランスなどが判りにくくなるため、デッド(響きが少ない)な方が都合がいい場合が多いのです。

予算や使い勝手、見栄えのこともあるので、どういう材料をどう使うか、これから考えてみます。

Comments (0)
2013年2月20日(水) 18:35

 | ブログトップへ戻る | 

桧山建設総業 ホームページへ

2013年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
  1. RSSに登録する
  2. 過去の記事を読む

カテゴリー

最新の記事

バックナンバー

リンク