LIFE&MUSIC 桧山建設綜業 代表取締役 檜山良秀

 | ブログトップへ戻る | 

想定内にしても

南あいの里のモデルハウスと同時期に、旭川に建った「コンパクト・エコ・ファースの家」。間取りも仕様も殆ど変らず、むしろ気象条件の厳しい旭川で、実際に暮らしてみた場合の暖房光熱費が、果たして年間いくらになるのか?モデルハウスでのシミュレーションを上回るのか下回るのか、毎月送っていただくデータを興味津々で見守っていました。

そして今日、1年間のデータがまとまりました。その結果は、驚くなかれ、月平均2000円!

年間の使用電気料金が14万円強(エコファースの家なら不思議ではない数字)、太陽光発電の売電金額が12万円弱で、差し引き支払額が24,000円余りという結果だったのです!

勿論、その家それぞれに、暮らし方や家電製品などに違いはあるでしょうが、モデルハウスで想定した暖房光熱費のほぼ半分で済んだわけです。

今、世間には、ゼロエネルギー住宅とかエコハウスとか、さまざまな宣伝文句が溢れていますが、それらを実現するための断熱仕様や初期投資、費用対効果には、首を傾げなければならないものが、結構あるような気がしています。

実験室のデータではなく、現実のデータであるところが、意味あることだと思います。

Comments (0)
2011年12月21日(水) 19:57

クリスマスに見学会

R0019744

次の日曜25日に公開予定の現場の、3世帯が住むことになる大きな家の、これは2階部分。天窓のある家です。

 

R0019714

その2日前の祝日、23日に予定している、完成公開の現場ですが、明日が完了検査です。こちらは太陽光発電も載った2世帯住宅です。

暮れも押し迫っていますが、時間と興味のある方!お待ちしております。どちらもエコファースの家です。

Comments (0)
2011年12月18日(日) 15:34

時は過ぎ行き

R0019727

雪の中で建て方工事が進んでいます。初雪が遅かったわりには、もうすっかり根雪でしょう。

師走になると、これまでのお客様のお宅に、一年のご無沙汰をお詫びしつつ、来年のカレンダーをお届けします。

今日も、この現場の構造チェックの後、こちら方面のお客様の何軒かを訪ねました。

その中の一軒で、玄関まで出てこられたご主人に、お元気そうでとご挨拶したら、私は元気なんですが、つい先日家内が亡くなりまして、とのことで、あまりにも思いがけないことに、しばらく絶句しました。四十九日前なので、和室にはまだ祭壇と遺骨があって、遺影を前に、20数年前、この家を新築させていただいた当時の、若々しく明るかった奥様のことを思い出していました。

時の流れは誰の上にも等しく過ぎて行くもの。いつまでもその時のままということは決してないんでしょうが、お施主様が亡くなるショックは、つくづく大きいものです。

Comments (0)
2011年12月12日(月) 18:50

 | ブログトップへ戻る | 

桧山建設総業 ホームページへ

2011年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  1. RSSに登録する
  2. 過去の記事を読む

カテゴリー

最新の記事

バックナンバー

リンク