最新工事状況ブログ

桧山建設綜業 ホームページへ

RSS

工事名

工事月

最新の工事履歴

リンク

 | ブログトップへ戻る | 次のページへ»

内部造作中!

こんにちは、齊藤です。

最後に更新したのが建て方・・・

だいぶ出来上がりました!!(笑)

IMG_2512

外回りは外壁が貼上がり、来週には足場が外れます。

中野工事も着々と進んでおり、来週から天井を貼り始めます。

IMG_2510

完成まであと1カ月!完成見学会開催の際はぜひお立ち寄りください!

2017年2月4日(土) 17:39 北広島T様邸

建て方スタート

こんにちは、齊藤です。

さて、本日クレーンが入り、「建て方」と言われる工程に入りました。

この時期は天気との勝負ですがなんとか2階の床までは。

あとはブルーシートで養生をし、明日からまた作業に入ります!

2016年12月22日(木) 19:34 北広島T様邸

土間コンクリート!

 

こんにちは、齊藤です。

さて、いよいよ基礎工事も佳境に入り、土間コンクリートを無事流し終えました。

写真手前に写っている暖房と奥にもう一台の計2台で暖房しています。

テントから充分離して火災の心配がないようにしています。

北広島は朝晩氷点下10度以上に下がりますが、この2台でまったく問題なく養生できています。

奥に薄っすら写っている基礎屋さんも暑いといって上着を脱いでしまうくらいです。

来週からはいよいよ大工さんが登場します。

年末まで残りわずかですが、天気が良いことを切に祈ります!!

2016年12月17日(土) 17:59 北広島T様邸

布枠外し

こんにちは、齊藤です。

布コンクリートの養生期間が終わり、型枠外しを行いました。

基礎の工程はあと1週間ほど。

もう少しですね♪

2016年12月9日(金) 19:04 北広島T様邸

凍結深度と布基礎

こんにちは、齊藤です。

寒くなったり暖かくなったりと忙しい北海道ですが、明日からは本格的に冬がやってきそうですね。

さて、現在行っている工事で冬ならではの写真が撮れたのでご紹介します。

北海道などの寒い地域では「凍結深度」というものが定められています。

写真をご覧いただくとわかるように地面から30センチくらいのところで霜柱が出来ています。

これは土の中の水分が冬になると凍り、土壌自体が盛り上がってきます。

IMG_1980

札幌近郊では基礎の一番底の部分を地盤面から60センチ以上深くしなければなりません。凍る層より深くすることで家自体が傾かないようにということですね。

これは家だけではなく、カーポートなども同じで柱を受ける束石の底が60センチになるように掘って設置します。

 

下の写真は本日の様子。「布基礎」と言われる立上りの部分です。

なぜ「布」と呼ばれるかですが、これは衣類の布とは別物で、建築用語で水平に連続しているものを「布」と呼びます。

コンクリートを流し込みながら、バイブレーター(青い服の方が持っている機械)で振動を起こし基礎の中に空洞ができないようにしています。

基礎工事は来週中頃までの予定です。

2016年12月5日(月) 19:23 北広島T様邸

基礎工事はじまりました!

こんにちは、齊藤です。

よくお客様より「冬に基礎工事って大丈夫?」という質問があります。

昔はしばれる前に~とか、冬用のコンクリートを使用したりとしていました。

桧山建設では11月以降の工事は写真のような小屋をかけて、

コンクリートが冷えないように暖房をかけながら養生を行います。

本日は鉄筋の組み立てを行っております。

2016年11月24日(木) 18:25 北広島T様邸

工事進捗状況

北郷の現場の進捗状況です。

今回は当社のファース工法での核となるファースボード貼りとエアクララの吹付けです。

中島

外壁面にファースボードを貼っています。

エアクララ吹付け (6)

内部ではエアクララというファース工法独自のウレタンを吹きつけています。地鎮祭 222

外壁面、屋根面、床下と建物をぐるっと囲うようにエアクララを吹きつけました。

これにより、高い気密性と、断熱性能が発揮されて夏涼しく・冬は暖かいファースの家と

なるのです。

次回は新たに新築物件がスタートしていますのでそちらの状況もアップしていきたいと

思います。

2016年6月10日(金) 05:57 お知らせ

建て方

北郷の現場ではいよいよ建て方が始まりました。

木造建築において一番の花形職の大工さんたちがひとつひとつ丁寧に組み上げていきます。

1階建て方

3階建て方 (4)

今回の物件再三申してますがかなりの大型の建物なので普段の2.5倍の日程がかかり

大変でした。

それでも大工さんとクレーンのオペレーターさんとの息がぴったりですんなり行った方だと

思います。

建て方

少しずつ形が分かるようになってきました。

この先どんどん進んでいきますので仕上がりが楽しみになります。

次回は当社で採用している工法について少しお話したいと思います。

2016年5月12日(木) 17:36 お知らせ

型枠組立~コンクリート打設

いよいよ基礎工事も型枠の組み立てが始まりました。

布枠組立 (2)

組立上がりを見ていると少しは建物の形がみえてきます。

型枠が組み終わるといよいよコンクリートの打設のなります。

布コン打設 (8)

写真はコンクリートの打設状況です。

ポンプを使ってゆっくりと型枠の中に流し込みます。

型枠がコンクリートの圧力でパンクしないか心配で見ていましたが、さすがに

パンクするともなく無事に打設を終わらせました。

実はこの後コンクリートが固まり型枠をはずして土台の墨出しをして確認したら

基礎の直角のずれや直線のずれがほとんどなく、精度の高い基礎となってました。

型枠大工さんグッジョブ!

週明けはいよいよ木造建築の花形である大工さんの建て方の様子を報告いたします。

2016年5月7日(土) 16:26 お知らせ

鉄筋組立

掘削工事も終わり、いよいよ鉄筋の組立です。今回は木造3階建ての建物のため、

普通の住宅の基礎より太くて複雑な組み方になっております。

鉄筋組立 (52)

鉄筋組立 (3)

とにかく大きい建物なので、組立には時間がかかりました。

通常の規模なら1日で組みあげますが今回は2日半かかりました。

職人さんご苦労様でした。

次回はいよいよ型枠の組立と、コンクリートの打設の様子をお伝えします。

2016年4月22日(金) 16:00 お知らせ

 | ブログトップへ戻る | 次のページへ»